わきがになった場合の応急処置と衛生管理

わきがは主にわきの部分から発生する特有の悪臭を指します。汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌される体液が皮膚上の細菌に分解されることでわきが特有の臭気が生じることから、日頃からわきの部分を清潔に保つことで症状を抑制することが可能です。わきがの発症は自分では気づかないことが多い一方、症状が進むと分泌液の影響で衣類に特有のシミが付きます。わきがの臭気は体質によって異なりますが、通常の汗臭さと異なり気温が低く殆ど発汗しない状態でも発生するのが特徴の一つです。わきがはわきの部分が汚れている他、体毛が密集して生えていると発生しやすくなります。そのため、常に清潔な状態を保ち、無駄毛も綺麗に取り除くことで不快な臭気を軽減させることが出来ます。

わきが治療を受け付ける病院の選び方

わきがはアポクリン腺の分泌液が発生源なので、根本的な解決を図るためには医師による治療が不可欠です。わきが治療は薬剤の投与による汗腺の機能低下や外科手術を用いた切除などの方法があります。病院によってわきが治療の方法が異なるので、体質や予算に合わせて選択する必要があります。特に汗腺を切除する外科手術は体への負担が大きく、処置を施した後も定期的な検査が必要なので慎重に判断することが大切です。病院によっては日帰りで手術を受けられる所もありますが、医師の腕前が術後の体調の良し悪しを左右することから十分に注意するのが患者に求められる姿勢です。わきが治療と並行して生活面での問題点を解消するのが再発予防の条件なので、的確なアドバイスが出来る優秀な医師が常駐している病院を選ぶことを心がけます。

わきが体質であるかはセルフチェックで知ることができます。耳垢が湿っている、腋毛に白い粉が付くなどの症状などが当てはまります。