除去をした後のケアが重要な理由

ほくろが気になっている人は除去治療を美容整形クリニックで行うことで、それを無くせます。ただ、その除去治療を受ける時には、術前だけではなく術後にも注意が必要です。
特に術後に注意しなければいけないのは、ケアです。ケアをしっかり行わないと、ホクロを除去した部分が黒ずんでしまいます。黒ずんでしまったら、せっかくのほくろ除去治療の意味が無くなりますので、ケアは怠らないようにする事が求められます。
医師から、その説明は入りますが、大抵は数か月間、ケアを行う必要がありますので、医師から言われたケア方法を守ってケアを行っていきましょう。また、ケアはどのようなことをするのかというと、夏場ならば日焼けをしないようにホクロの上にテープをはったりします。

基本は軟膏を塗ってテープを貼る

一般的なほくろの除去治療後は、軟膏を塗った後に、クリニックから出される専用のテープを貼って保護します。テープを貼ることで、施術をした箇所を保護することが出来るだけではなく、細胞が紫外線に当たるのを少なくし、色素沈着をしてしまうのを防いでくれます。
特に顔に出来たほくろを除去する方は、そのようなアフターケアは怠らないようにしましょう。夏場は日差しも強く、紫外線に当たる機会が増えるので注意が必要です。
海水浴など、大量の紫外線に当たるような事は避けたほうが良い事もあります。除去後の状態を少しでも綺麗にしたいなら、医師が指導してくれた通りにケアすると良いでしょう。また、しばらくはテープをはりかえたりして生活する事になりますので、周囲の人に除去治療をしたことを知られたくない方は、術後の生活にも気を付けなければいけません。

ほくろ除去は美容外科や美容皮膚科などで行う事が出来ます。レーザーを用いて除去する方法が多く行われており、料金はホクロの大きさによって決まります。