ムダ毛処理する箇所の中でも難しいのがVIOラインがありますよね。では実際に自己処理を行う場合ですが、まずはデリケートゾーンという事でしっかりと処理前の準備が必要になります。まずは肌を柔らかくし毛穴を開くため、蒸しタオルを用意して脱毛箇所を温めるようにしましょう。温める事で皮膚が柔らかくなり毛穴を開くことができ、処理しやすくなりますよ。

処理する箇所のムダ毛をあらかじめカットしよう

ムダ毛の中でも毛の特徴として1本ずつが太く長いのがVIOラインになります。他の箇所よりもデリケートな箇所だからこそ、保護する効果としてムダ毛の毛は剛毛が多いです。ですがそのままムダ毛処理をしてしまうと、毛の長さが邪魔になり場合が多いです。そのため処理する箇所は事前にカットをし、より処理しやすいように長さを調整しておくようにしましょう。

シェービングや毛抜きを使用して処理しよう

VIOラインの処理をする場合は、処理方法はシェービングや毛抜きの利用がポイントになります。シェービングであれば、自分の希望に合わせた形にカットすることができますよ。毛抜きの場合は無駄な箇所を脱毛することで、より綺麗に処理する事ができます。ただし処理は慎重に行い、形なども少しずつ整えることで綺麗にできます。

処理後は忘れずに肌ケアをしよう

VIOラインの処理が終わった後ですが、肌のケアを必ず行うことが重要です。デリケートな箇所となっており、ムダ毛処理をした事で肌が敏感になっていますよね。そのままにしておくと肌があれてしまい、赤みやかゆみといった原因になります。そのためムダ毛処理後は化粧水や保湿液などを利用し、肌の状態を正常に保つようにケアすることがポイントです。

VIOライン脱毛でアンダーヘアを整えることで、雑菌の繁殖を軽減し衛生的に保つことができます。また、水着やランジェリーを思いきり楽しむことができます。